Barber and beauty news

理美容ニュース

情報配信元:理美容ニュース
発行元:エイチビイエム


  • 2020-02-18 – 「働き方改革」「女性活躍推進」テーマに二次支援 … BA東京美容コンソーシアムは、東京しごと財団からの受託事業「団体別採用力スパイラルアップ事業」の二次支援を開始したと2020年2月18日発表した。二次支援では、支援先として選定された25社の「支援先サロン」を対象に、働き方改革と女性活躍推進をテーマにサロンごとの個別の課題を解決するためのコンサルティングをはじめ、実技講習や各種セミナーといった支援サービスを、すべて無料で実施する。 同コンソーシアム …

  • 2020-02-18 – 理美容店でキャッシュレス決済したい年配客は18% … キャッシュレス決済の還元キャンペーンを機に、キャッスレス化に取り組む理美容店は多いが、年配者になるとキャッシュレス決済を使うことは少ないのがわかった。理美容店での支払いをキャッシュレス(電子マネー)で済ませていると回答したのは0.9%に過ぎなかった反面、「理美容店で利用できたら良い」と答えた人は18%あった。 株式会社ジェイエムエスという会社が行った「電子マネー」に関するアンケート調査。 60歳以 …

  • 2020-02-18 – 「サロン不動産ネット」全面刷新東証一部上場のプロ向け美容商材通販大手のビューティガレージは、連結子会社の株式会社BGパートナーズ が運営する理美容室・エステ・ネイル ・アイラッシュサロン向け不動産ポータルサイト「サロン不動産ネット https://www.salonfudousan.net/ 」を全面刷新し、2020年2月18日リニューアルオープンした。 全面刷新により、登録物件数の拡充、検索性能の向上、事前登録で希望条件に合 …

  • 2020-02-18 – 理美容業の客単価は改善も停滞続く「生活衛生関係営業の景気動向調査」(DI調査、2019年度第3四半期) 日本政策金融公庫は2020年2月12日「生活衛生関係営業の景気動向調査」(2019年度第3四半期/10月~12月)を発表。理容業、美容業とも客単価が改善した。 利用客数は前年同期比では改善したものの前期比で悪化した。売上、採算、業況は悪化し、理美容業の景況は停滞している。 理容業(カッコ内は前年同期非) 売上:-32.4(-5 …

  • 2020-02-17 – 透明感のある肌に『YUZU』ラインベルナール カシエールより 滝川は、フランス発のエステティックコスメブランド「BERNARD(ベルナール) CASSIERE(カシエール)」より、『YUZU』ラインを2020年2月に新発売する。 新発売の『YUZU』ラインは、「ユズ(ユズ種子エキス)」、「ホワイトティー(チャ葉エキス)」を主要特長成分として配合し、くすみの気になる肌に潤いを与え、透明感のある美しい素肌へ導くという。 【新商品】『Y …

  • 2020-02-16 – 理容美容とも「顧客の減少」が悪化 増税の影響か … 生活衛生関係営業の景気動向調査(2019年度第三四半期)「経営上の問題」 日本政策金融公庫が2020年2月12日「生活衛生関係営業の景気動向調査」(2019年度第三四半期/10月~12月)を発表。「経営上の問題」は、理容美容とも相変わらず「顧客の減少」をあげる経営者が多く、両業とも60%を超えた。 「経営上の問題」(複数回答、カッコ内は前年同期比) 理容業 顧客の減少:60.1%(-3.6) 客単 …

  • 2020-02-16 – 骨折した客に「洗髪・顔そりの定額制」が好評 … 理美容業界にも定額制料金(サブスクリプション)サービスが広がりをみせている。都会地では一定期間内なら複数の登録サロンの利用が可能だったり、料金によっては複数のサービスを利用できたりするが、骨折した客に「シャンプーと顔剃りの月額制」サービスを提供し喜ばれている地域密着型ならではの理容店もある。 日本政策金融公庫が2020年2月12日発表した「生活衛生関係営業の景気動向調査」(2019年度第三四半期) …

  • 2020-02-15 – 「ロボット(AI)でもよい職業」調査で美容師は9位 … ロボット(AI)化が進むなか、AI化が難しいとされる理美容業だが、「人間ではなくロボット(AI)でもよいと思う職業ランキング」調査で美容師は9位だった。東京スター銀行が2020年2月12日発表した。 20代から60代の男女 約1,000人に聞いたもの。 AIと職業の関係については、AI化が簡単そうな職業、AI化したほうがいい職業、AI化してほしくない職業など、いろいろな視点で調査が行われているが、 …

  • 2020-02-14 – 理美容業などの事業譲渡希望者と起業者を縁結び … 日本政策金融公庫が「事業承継マッチング支援」 小規模事業者や中小企業の経営者が親族や従業員以外へ行う事業継承については国も支援しているが、日本政策金融公庫国民生活事業は理美容業など生衛事業者を対象にした支援事業を令和2年度から本格的に行う。2020年2月13日開いた記者会見で発表した。 「事業承継マッチング支援」がその事業。令和元年度に東京都の一部で試行的に行ったところ、この支援事業のニーズが確認 …

  • 2020-02-14 – 高まる、男性の美容意識「2020年メンズ美容意識調査」20~30代男性4273名に聞く!『男性の美容意識』アンケート調査の結果が2020年2月12日発表された。20~39歳の男性4273名が回答し、「美容に関心アリ(57.5%)」と回答、「関心ナシ(42.5%)」を上回った。 「美容男子」や「メイク男子」と呼ばれる美容意識の高い男性が増えているのを背景に、さらに他人への配慮、自分自身のQOL(生活の質)向上を意識する男 …

  • 2020-02-14 – 新型ウイルス対策支援にも取組む片岡佳和日本政策金融公庫常務取締役 日本政策金融公庫は2020年2月13日、東京・新橋の生衛会館で会見を開き、令和2年度生衛営業関係予算、生衛関係貸付予算、関連税制改正、事業継承支援などについて概要を説明した。 厚生労働省の令和2年度生活衛生関係営業対策予算案は総額55億54百万円(前年度比5.3%増)で、内訳は生活衛生関係補助金が11億56百万円(同0.1%増)、生産性向上推進事業費が1億29百 …

  • 2020-02-14 – 元気なのは「お値打ちサロン」このコラムで「日本の美容料金は安い」というタイトルで記事を掲載したが、これは世界的に見れば、であって国際比較の話である。 一方で、理美容業は国内産業である。海外展開しているサロン企業もあるが例外といえる。ほぼすべての理美容店、サロン企業は日本に住む人を客としている。インバウンドで外人客が見込めるといっても余録的なもので、基本は日本の客だ。料金は日本の国内事情に左右される。 日本の美容料金は世界と比 …