記事の詳細

Wikis > SPF

SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも言われ、UV-B波の防止効果を表す。紫外線を浴びた際にできる皮膚赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長く出来るかを表し、SPF30の日焼け止めを利用した場合、赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばすことができるということになる。
一般に、SPFの数字が高いほど日焼け止め効果が高いが、30以上であれば一日の日照時間的に効果に差はない。
また、紫外線吸収剤の中には発がん性が報告されている化学物質もあり、近年ではノンケミカルの紫外線反射剤のUVクリームを利用する人も増えている。ただし、ノンケミカルではSPF表示はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る