記事の詳細

Wikis > 経皮毒

化粧品やシャンプー等の化学物質が、皮膚から経皮吸収され、身体にとって有毒な作用をもたらすことをいう。
皮膚から吸収された有害な化学物質は、皮下脂肪に蓄積したり、血液やリンパに流れ込むが、肝臓等の解毒作用を受けないため体内に蓄積しやすいといわれている。化学物質は脂溶性が高く、子宮などの性器等への影響も疑われている。また、化学物質の神経系への作用など精神への影響も指摘され始めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る