記事の詳細

Wikis > 光触媒 > トリニティー

酸化チタンをアパタイト被覆し、さらに高分子シルクを含有させることで、水に簡単に溶解し、誰でも簡単に塗布できるだけでなく、可視光にも反応することが可能となった光触媒。(通常の光触媒は、紫外線にしか反応しない)
また、蚕の食料である桑の葉に塗布し与えたところ、蚕の吐く生糸や糞まで光触媒としての働きが認められたことから、生体融合型光触媒とも言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る