記事の詳細

Wikis > 光触媒

光が当たることによって、それ自身は変化することなく、酸化還元反応を促進する物質のこと。
一般的な光触媒は、主に酸化チタンが使われていて、光が当たることにより活性酸素を発生させ、有害物質や汚れ等の分解・吸着、細菌やウイルス等を不活性化する。
酸化チタンは、安全性が高く、食品添加物としても認められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る