記事の詳細

Wikis > ランゲルハンス細胞

表皮に存在する免疫細胞で樹状細胞の一つ。骨髄で造られ表皮細胞の2-5%を占める。
外部から侵入する細菌やウイルス、化学物質、放射線、紫外線、温熱、寒冷等の刺激に反応(脳に伝達)し、皮膚の健康を保つためのセンサーの役割を担う。
また、感染や炎症に対する反応を弱めることも近年明らかにされた。
老化に伴い、このランゲルハンス細胞は減少する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る