記事の詳細

Wikis > フルボ酸

突き詰めて考えると、すべての生物は土を食べている・・・と言っても過言ではない。 土は何百万種類という微生物の活動によって作られ、その分解(化学反応)の果てにフルボ酸という腐食物質が作られる。私たち人間も含め、すべての動物は体内に0.02%程度のフルボ酸を有し、あらゆる化学反応を記憶するそのフルボ酸によって、体内の生命反応(化学反応)は維持・制御されている。

私たちは本来、豊かな土で育てられた作物からフルボ酸を摂取し、0.02%を超えたフルボ酸は体外に排出され、再び自然の循環の中に戻される。しかし、化学的な近代農法により、土にはフルボ酸がほとんど存在しないため、食べ物からのフルボ酸の摂取ができなくなっている。最近では、そのフルボ酸欠如が多くの病気の一因とも言われはじめている。 一般に、体内に必要なものを供給(サプリ)し、不必要なものを排出(デトックス)すると説明されるが、フルボ酸の働きは多岐にわたる。

① 体内電位を整える。(欠損細胞の回復等)
② 活性酸素に代表される不安定な遊離基元素を安定させる。(活性酸素の除去)
③ 免疫機能を正常化させる。(胸腺の活性化)
④ 体内の酵素システムを刺激する。
⑤ ストレスを緩和する。(マグロの養殖も、フルボ酸を応用することで回遊魚としてのストレスを緩和できたことが、養殖を可能にした一因と言われている。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る