記事の詳細

Wikis > ヒスタミン

動物の組織内に広く存在する化学物質で、通常は不活性状態で存在するが、怪我や薬、ストレス等により活性状態となり、血管拡張等を起こし、かゆみや傷み、抜け毛等の原因となる。
最新の研究では、アレルギーの原因の70%がヒスタミン異常によるものといわれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る