記事の詳細

Wikis > コンドロイチン

糖鎖化合物・ムコ多糖を代表する物質の一つで、関節軟骨、骨、皮膚、脳神経組織などほとんどの臓器や組織に含まれる成分。皮膚内部(真皮)に存在し、水分保持、コラーゲン繊維を正常に保つ働きがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る