過去の記事一覧

  • 理美容師国家試験

    試験 厚生労働省が指定した試験機関である財団法人理容師美容師試験研修センターにより実施されている。 同法人が定めた受験地(養成施設等)において、学科は3月と9月の2回、実技は1月と8月の2回において行われる。 試験科目 筆記 関係法規・制度 衛生管理 …

    • 2016.07.12
    • 理美容師国家試験 はコメントを受け付けていません。
    wiki160712
  • ヒスタミン

    動物の組織内に広く存在する化学物質で、通常は不活性状態で存在するが、怪我や薬、ストレス等により活性状態となり、血管拡張等を起こし、かゆみや傷み、抜け毛等の原因となる。 最新の研究では、アレルギーの原因の70%がヒスタミン異常によるものといわれている。…

    • 2014.08.09
    • ヒスタミン はコメントを受け付けていません。
  • ランゲルハンス細胞

    表皮に存在する免疫細胞で樹状細胞の一つ。骨髄で造られ表皮細胞の2-5%を占める。 外部から侵入する細菌やウイルス、化学物質、放射線、紫外線、温熱、寒冷等の刺激に反応(脳に伝達)し、皮膚の健康を保つためのセンサーの役割を担う。 また、感染や炎症に対する反応を弱めることも近年明ら…

    • 2014.08.09
    • ランゲルハンス細胞 はコメントを受け付けていません。
  • 繊維芽細胞

    肌の弾力やハリのもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生産している源となる細胞。 その他、細胞分裂により繊維芽細胞自身の増殖、コラーゲンを束ねて真皮の構造そのものを作り上げる。…

    • 2014.07.25
    • 繊維芽細胞 はコメントを受け付けていません。
  • 真皮

    皮膚の表皮の下の結合組織層で、神経および血管に富み、7割を占めるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、繊維芽細胞などで構成され、肌のハリや弾力の源となっている。…

    • 2014.07.25
    • 真皮 はコメントを受け付けていません。
  • ミトコンドリア

    ほとんどすべての生物の細胞に含まれている細胞内構造物の一つで、全身のひとつひとつの細胞の中に存在し、エネルギーを生産、細胞増殖やタンパク質の合成に関わっている。ミトコンドリアは、真核生物であり、我々人間のヒト細胞に共生し命を与えてくれているが、独自のDNAを持っている。 ヒトは…

    • 2014.07.25
    • ミトコンドリア はコメントを受け付けていません。
  • アルブチン

    コケモモや西洋ナシ、ウワウルシなどから抽出される、チロシナーゼ抑制効果の高い美白成分。 安全性も高く、厚生労働省の医薬部外品の認可を得ていてる。 化学合成のものと天然のものがあるが、天然植物由来のアルブチンのほうが安全性が高いとされている。…

    • 2014.07.25
    • アルブチン はコメントを受け付けていません。
  • コンドロイチン

    糖鎖化合物・ムコ多糖を代表する物質の一つで、関節軟骨、骨、皮膚、脳神経組織などほとんどの臓器や組織に含まれる成分。皮膚内部(真皮)に存在し、水分保持、コラーゲン繊維を正常に保つ働きがある。…

    • 2014.07.25
    • コンドロイチン はコメントを受け付けていません。
  • ペプチド

    2分子以上のアミノ酸が結合してできた化合物の総称。タンパク質のように多数のアミノ酸が結合してものはポリペプチドと呼ばれる。…

    • 2014.07.25
    • ペプチド はコメントを受け付けていません。
  • プラセンタ

    直訳では、胎盤という意味。 化粧品や健康食品では、胎盤から抽出した成長因子や栄養素(ビタミン、アミノ酸等)を含むエキスを指す。 美白、保湿にも効果がある。…

    • 2014.07.25
    • プラセンタ はコメントを受け付けていません。
ページ上部へ戻る